最近のできごと

 

歴史ある建造物のリノベーション

ニュースプロジェクト2019.6.7

ご縁があって、池田市にあるいけだピアまるセンターの内装のディレクションをしましたのでご紹介します。1925年(大正14)に竣工した池田市で一番古いRCの建物(登録有形文化財)になります。その当時は、池田実業銀行本店でした。現在は、起業家や中小企業のための池田市のインキュベーションオフィスとして利用されています。

建築は、とても重厚な雰囲気はありますが、シンプルで美しいデザインです。1Fのとても天井が高く気持ちのいい空間です。初めてこの空間に入ったときの印象は、壁面や天井の白さと全体的な暗さが少し神聖な感じがしました。今回の目的は、人が集う空間にすること。既存の良さを生かし足りない部分を補うように心掛けました。テキスタイル(丸柱のシェード・ベンチシート)は、池田市のテキスタイルデザイナーのアズマファブリック東さんに池田市の自然要素を生地で表現して頂きました。

ビフォーアフターの写真を載せますので、昔はこんな感じのところだったんだなと見て下さい。

施設ご利用の方々だけではなく、ワークショップもされるみたいなので池田市の市民の方々にも是非ご利用して頂けたらと思います。