最近のできごと

 

3D動画の活用

その他2019.10.29

最近は、図面を作成するソフトやPCの高性能化で様々な可能性を作れるようになってきました。
弊社では、A&Aのvector worksで図面作成から3D動画まで一元管理しています。
図面の書き方もハイブリッドという考え方で平面図を書きながらその時点で
3Dの情報を入れていきます。平面を書き上げた段階である程度立体が完成します。
通常の図面作成より1.5から2倍の時間がかかりますが、大きい空間や建築などの
イメージをつかむのにはいいアイテムだと思います。

今でも最初は、何度も手書きのスケッチでイメージを書き起こします。
その時が一番、楽しい時間かも知れません。

ソフトやPCはあくまでも道具なので、上手に付き合いたいですね。

郊外ロードサイド型の洋菓子店(カフェ・ファクトリー併設)の動画を作成しました。
良ければ見て下さい。